司法書士試験:知識のカード化

スポンサーリンク

 現在はテキスト、過去問、単語帳を中心に勉強を継続しています。記憶の定着化について少し変更を加えました。テキストは講師の説明をマーカーします。過去問に該当する部分を別の色でマーカーします。2重のマーカーが引かれている部分が重要な部分です。
 これだけでは理屈が理解できても知識として不正確なままなので、正確な暗記の方法を模索しました。今までは論点キーワードとしてブログに記載していましたが、作業時間の割に記憶の定着率が悪いです。次に市販の単語帳を使用しましたが、自分の理解、記憶が弱い部分をピンポイントで学習することができないため、効率はさほどよくありません。ただし、必要な知識が網羅的、体系的にまとめてあるため、有用なツールであることは確かです。
 そこで、最近始めたのは知識のカード化です。テキストを読んでいて「アレ?」と思う知識を暗記カードに問題形式にして残しています。カードは青、黄、赤の箱に収納し、記憶の度合いで、復習の頻度を変えます。テキストは勉強した範囲を日付ごとに管理しています。この学習管理についてもまとまったら掲載しようかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク